社長メッセージ

詳しくはこちら

事業内容

詳しくはこちら

会社概要

詳しくはこちら

事業の沿革


明治44年4月 北海道釧路市に於いて、創業社長新田仲太郎が新田汽船合資会社を設立。 汽船万代丸及び汽船万栄丸を購入し海運業を営む。
大正4年 神戸に本社を移し、株式会社に変更。
大正5年 大阪市尻無川沿岸に敷地1万坪、船台5台の新田造船所を設立。自社船を建造し近海航路に従事。
大正10年 造船業を中止し海運業に専念する為、造船所を藤永田造船所拡張の際、売却。
大正11年以降 時代の推移に伴い小型船を大型船に切り替えるべく、発展的に新田汽船(株)を解散し、内外汽船(株)を設立。所有船を大正11年より昭和3年の間に、大成丸(6800D/W)他数隻を購入し主として米材、北洋材の輸送に当たり、更に昭和11年より15年の間に現在の日立造船因島工場にて、春日丸・伏見丸・天竜丸・神竜丸・新国丸等を新造し、合計約86000D/Wトンの船腹を以て海運業に従事したが、昭和16年開戦の第二次大戦により、所有船をすべて陸海軍に徴用され、全船撃沈された為、やむなく会社を解散。
昭和30年12月 愛媛県松山市に新田汽船株式会社を設立。
小型鋼船春日丸・伊勢丸を新造。
昭和51年10月 本社を神戸市に移転。逐次船型を大型船に切り替えつつ現在に至る。
ページのトップへ戻る